ahamo、povo、LINEMOプラン変更、乗り換え前に必要な準備【MNP】

ガジェット部

ahamo、povo、LINEMOのサービスが3月後半から、順次始まります。

本サイトでも比較記事を出しています。よかったら参考にしてください。

今回は、現在のキャリアからそれら3つの新プランに変更する際に事前に行うべき準備を3つまとめました。

登録メールアドレスの確認と変更

ahamo、povo、LINEMO は、キャリアメールを引き継ぐことができません。(2021年3月現在の情報)

(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpとかのメールアドレス)

そのため、これらのメールアドレスを使って登録をしているサイトやサービスは、事前に登録メールアドレスを変更しておく必要性があります。

変更先は、Gmailアドレス (@gmail.com) を取得して、それに変更するのが一番ポピュラーだと思います。(取得はこちら

LINEや、動画サブスクサービスなどがキャリアメールで登録されている可能性は十分あると思いますので、確認が必要です。

特に、iPhoneを使ってる方は、AppleIDがキャリアメールで登録されてないか確認しましょう。

AppleIDの登録メールアドレスが、キャリアメールのままでそのまま乗り換えた場合、アプリなどあらゆるものが引き継げない可能性が出てきます。

AppleIDがキャリアメールの場合は必ず変更が必須です。

変更の仕方は、調べると色々出てきますので、よく調べながら変更するのが安心だと思います(分かりやすいサイト→変更の仕方

キャリアメールで登録されている可能性の高いサービス一覧

  • LINE
  • AppleID
  • 動画・音楽などのサブスクサービス(Netflixやディズニープラスなど)

普段からあまり使わないサービスは、最悪使えなくなっても新たに登録すれば良いですが、

良く使うサイトは今までの情報が全て消える可能性もあるので、ここの確認はしっかりした方が良いかと思います。

SIMロックの解除(新しい端末を買わず、現在の端末を用いる場合)

新しいプランではSIMカードのみを申し込み、現在の端末をそのまま使うという場合は

その端末のSIMロックを解除する必要があります。

SIMロックとは、端末が、特定のキャリア限定でしか使えないようにする制限のことです。

このSIMロック解除は、各キャリアともオンラインで無料で解除できます。

事前に解除しておくのがスムーズでしょう。

予約番号の発行(キャリアをまたぐ場合)

予約番号とは、現在のキャリアを解約して、新しいキャリアを契約する際に必要な番号です。

(この処理があることで、電話番号を引き継ぐことが出来るようです)

ただし、今使っているキャリアと、変更先のキャリアが同じ場合は予約番号の取得は必要ありません。

なので(変更前→変更先)

docomo → ahamo

au、UQ mobile → povo

SoftBank、 Y!mobile → LINEMO

これらの組み合わせの場合、予約番号を得る必要はないようです。

上記以外の場合は、予約番号を得る必要があります。(例:au → ahamo など)

下記のサイトから、予約番号を得ることができます。

docomo 予約番号取得サイト

au 予約番号取得サイト

Softbank 予約番号取得サイト

web、電話、店頭など、予約番号の取得の仕方はいくつかあります。

更新月ではない場合、違約金が発生する可能性があります。

更新月か否かは、各キャリアのweb上で確認できますが、わからない場合は、電話や店頭で予約番号を取得するようにして、その際に確認すると良いかもしれません。

予約番号の注意点

上記の予約番号に関してですが、予約番号を発行した時点では解約したことにはなりません。

予約番号を転出先に提出し、契約した時点でもとのキャリアが解約されます。

予約番号自体の有効期限は2週間ほどで、何もせずにそのまま過ぎると現状に戻ります。

有効期限が切れた場合は、再度発行する必要があります。

まとめ

キャリア変更前に行うことを纏めました。

主に2つ。

  • 登録メールアドレスの確認と変更
  • 予約番号の発行(キャリアをまたぐ場合)

です。

同じキャリアへの乗り換えでも、キャリアメールが引き継げないのが新プランのいやらしいところでもあります。

これらに気をつけて準備して行ってください!

コメント

  1. […] ahamo、povo、LINEMOプラン変更、乗り換え前に必要な準備【MNP】ahamo、povo、LINE… […]

タイトルとURLをコピーしました